忍者ブログ
猫と音楽を愛するおばさんの徒然日記です。 2010年1月16日設置
[1]  [2]  [3]  [4
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は、Sちゃんと映画を観に東京まで行きました。
「ねこタクシー」という映画です。
うだつの上がらないタクシー運転手が『御子神さん』という三毛猫と出会って、タクシーに乗せて一緒に走るうちに、トラブルもありつつ、それを乗り越えて、人生が変わっていくと言うあらすじです。
猫ババァ役の室井滋や、保健所のお堅い職員役の内藤剛志が面白かったです。
でも、何といっても御子神さんが一番でした(^^)
PR
3d5aa4d8.jpg25日の日曜日に久々に映画を観に行ってきました。
ネズミーの「アリス・イン・ワンダーランド」です。

いや~ヘンでしたよ。
さすが、ティム・バートン監督。
でも、ネズミ映画のせいか、ヘンさは割と普通のような気がしました。
が、決してお子ちゃま向けではありません。
大人が見て、充分楽しいヘンな映画でした♪

3d57a9e5.jpg576451b9.jpg








そう、確かに「世界はもう、マトモではいられない」んですが、原作のアリスより、よっぽどマトモ?でした(笑)。
ちゃんと起承転結があって、勧善懲悪で。

ただ、登場人物はみなキョーレツで、善玉の白の女王(アン・ハサウェイ)でさえ、天然なダークさが入ったヒトでした。ただ、メイクのせいか、私の大好きなバレリーナ、アレッサンドラ・フェリに似ていて素敵でした(^^)

赤の女王のキョーレツさは必見です。
ヘレナ・ボナム=カーターなのですが、もう、ヘンったら、ヘンすぎ☆
あの方、普通だととっても美人なのにヘンな役多いですよね。でもそこが好きだったり。

それは、帽子屋のジョニー・デップにも言えることですね。私は彼が好きですが、彼目当てで観に行くことは少ないです。やっぱり、面白いかどうか、で判断してます。
でも、そこは人気スター、面白いのに出ますよねえ。「パブリック・エネミーズ」も良かったです。
それで、この帽子屋さん、すご~くヘンなんですが、中々格好いいんです。あくまでもアリスを守って戦おうとする姿がねえ。またファンが増えるんじゃないかな?
私はあの七変化振りが大好きです(笑)。

そして、主役のアリスちゃん(ミア・ワシコウスカ)が、19歳になって再び穴に落ちるアリスを演じます。
このアリスはヴィクトリア朝の世界では、少し変わり者で、自分の意見をはっきり持った女の子です。それで、美人なのですが、常に不機嫌そうな顔をしていて、美人過ぎないのが魅力的だと思いました。
最後の笑顔がとっても素敵です。

映画のストーリーはネタバレになるので、伏せておきます。
取りあえず、主人公は19歳のアリスで、昔、穴に落ちたことは、夢だと思いこんでる、と、だけ。
あとは、ご覧になって確かめてみて下さいね。
オススメです。

ただねえ、映画館を出るときに、「中身のない映画ね」という声が後ろから聞こえたんですが、この映画に「中身」?を期待しちゃあいけません。社会派でも何でもない、ただただ、楽しむ映画です。
でも、その中から、人間の欲望とか、狂気とか、自分を大事にする心とかを見いだせれば万々歳なのです。
それを拾い出せる心を持った人が、童心を忘れないでいられるんじゃないかなあと思います。
まあ、大体、原作の「アリス」自体がヘンなお話しですからね。
夫に言わせれば、到底理解出来ないとか。私は大好きですが(^^)。
とにかく、一見の価値有りです♪
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
[11/21 EllaGuerrero]
[01/29 モジ]
[01/28 モジ]
[10/03 モジ]
[05/11 モジ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
藤世
性別:
女性
職業:
失格主婦
趣味:
音楽、読書、バレエ
自己紹介:
連れ合いと男の子2人と猫娘の5人?家族です。
クラシックとロックが好き。
ファンタジーとホラーが好き。
あと、節操無しにいろいろ興味有りです。
乙女座 AB型
神奈川県在住
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

material by: