忍者ブログ
猫と音楽を愛するおばさんの徒然日記です。 2010年1月16日設置
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6


今日、オーチャードホールでマーラーの交響曲第八番「千人の交響曲」を聴いてきました。
指揮は山田和樹さん、オケは日本フィルです。
とても好きな曲ですが、生で聴くのは初めてでした。
以前、合唱団に所属していた時に歌ったことがあります。
その合唱団が今日も歌っていました。
懐かしかったです。

演奏は所々金管がやらかしてくれたり、歌のソリストが力が入り過ぎたりしていましたが、全体的には良かったです。
ダイナミックでロマン溢れる美しい曲に浸ってきました。

合唱団に知り合いの顔が見えるし、オケの荒を感じるし、隣の隣には飴オバサンいるしでしたが、音楽に圧力があって、ずっと集中していました。
第一部、第二部とも終わりは鳥肌が立つくらい感動しました。
音楽が舞台から溢れてきていたのです。

指揮者の山田和樹さんは、私が子供の頃から好きな指揮者小林研一郎さんのお弟子さんですが、指揮する姿が似ているなあと思いました。
指揮台で飛び跳ねたり、指揮棒を飛ばしてしまったりして、そんなところまで似なくても良いのになあ、なんて思いながら(笑)

この曲は二部構成ですが、スピーディーでダイナミックな第一部の方が好き、歌ってて楽しいという声も聞きます。
が、私はうねうねした第二部も好きです。
歌詞は第二部の方が物語性があり、そこも良いところだと思います。
第二部はゲーテのファウストの最期なのですが、ファウストの魂がグレートヒェンにより救われる描写が特に美しいのです。
また、聖母マリアを讃える博士のソロも綺麗なのです。
今日はそのグレートヒェン(贖罪の女)と聖母マリアを讃える博士のソリストがとても良かったので、嬉しかったです。

面白かったのは、バリトンのソリストが他の部分は楽譜をガン見気味だったのに、ソロは暗譜で頑張っていたところです。
歌い上げて気持ち良さそうでした。

栄光の聖母は舞台上ではなく、客席から歌うのですが、高いところから聞こえる綺麗な声に、本当に天上から呼びかけられているようでした。

このコンサートを知ってから、行くかどうか迷っていて。
ホントはKalafinaに行く予定だったのですが、先週になってやっぱりこちらに行きたくなり、チケットはほとんど売れていましたが、日フィルの事務局に聞いたら良い席が一つ残っていたので、Kalafinaは知人に譲り、千人を聴いてきました。
行ってきて本当に良かったです。
私はやっぱりこの曲が好きなんだなあと再確認しました。
Kalafinaに行ってくれた知人も楽しんでくれたみたいで、みんな丸く収まって良かったです(^^)



PR


9日に東京オペラシティコンサートホールで開催された東京シティ・フィルの定期演奏会に行ってきました。
お目当てはやっぱり三浦文彰くん。
今回はチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲です。
去年、この曲でCDを出しています。
CDも良いですが、生はもっと良かったです。
天空を駆け抜けるように軽々と演奏し、聴かせてくれました。
やっぱり彼はコンチェルトの方が良いです。
ソロより才能が際だつと言うか。

他にはスメタナの歌劇「売られた花嫁」序曲と最後にドボルジャークの交響曲第7番でした。
スメタナよりドボルジャークの方が私は好きです。
7番はあまり聴いたことがなかったのですが、とても良い曲だと思いました。
オケも素晴らしく、あたかもチェコの空気はこんなのかしらと思うような演奏でした。
指揮者がチェコの方だからでしょうか。
温かくて気持ち良かったです。

また、フライングブラボーがなくて、指揮棒が降りる瞬間まで静かで、余韻を楽しむことが出来ました。
こういうのは初めてです。
たいてい曲がじゃんじゃんと終わるとすぐにどこからかブラボーが聞こえるので。
ああいう人はブラボーを言うためだけにコンサートに来ているのかと思います。
その代わりに拍手がすごくて。
いつまでも終わらないようで。
ホールの中に一体感がありました。
ともかく、最初から最後まで素晴らしい演奏会でした。



おまけ…。
本番の前にロビーでプレコンサートがあったのですが、その案内の裏面にマナーについていろいろ書いてありまして。
飴のこととかレジ袋のこととか。
ここまでしないとわからない人が多いのかしら…。
良いマナーが広まると良いですね。






5/30、四谷の紀尾井ホールでの三浦文彰くんのソロリサイタルに行ってきました。
あいにくの雨模様でしたが、道すがらあじさいが綺麗でした。

今回のリサイタルは5/20長野県上田市から始まった全国ツアーの最終日の前日でした。
曲目はベートーヴェンのヴァイオリンソナタ「春」や悪魔のトリル、ツィゴイネルワイゼンなどの小曲が主で、名曲コンサートといった感じでした。
NHK大河ドラマ「真田丸」のテーマ曲もありました。
アンコールはその真田丸のテーマ無伴奏版で。
ピアノは田村響さんという方でした。
力強く美しい伴奏でした。

さて、三浦くんは今年の大河ドラマのテーマ曲でソロを担当し、最近、NHKのスタパとかうたコンにも出ているので、ファンが増えているみたいですが、この日は平日の昼間ということも相まって、見事に年齢層が高かったです。
まあ、私も押し上げている一人かもしれませんが(^^;)

そのせいか、マナーが悪い人が目立ちました。
演奏中に飴を食べる、咳払いをする、ガサガサ物音を立てる等々。
演奏が始まる前でしたが、隣の女性がハンドクリームをつけだして、それが凄い匂いで頭がガンガンしました。
が、特に頭に来たのが、休憩が終わって第2部が始まったとたんに飴の紙をカサカサ剥く音がしたときです。
何のための休憩時間だよ!!

と、言う訳で、演奏は良かったのですが、精神的に疲れてしまいました。
私が神経質過ぎるのでしょうか?
でも、咳はある程度しょうがないとしても、飴や袋のガサガサは止めて欲しいです。

そんな中でも手を抜かない三浦くん。
偉い!
しかし、さすがに静かに終わっていく曲の最後に咳をされたのには、ちょっとムッとしたようで、演奏後の表情が硬かったです。
私もこれはないよな~って思いましたよ。

演奏会ってリフレッシュするために行くんですよね…。
ホントにこの日はダメで、疲れちゃって、次の日の予定をキャンセルしてしまいました。
残念。

でもね、次は良いコンサートだったんですよ♪
レポは後日に!
Kalafinaの2年ぶりのツアー「far on the water」2日目に行ってきました。
横浜のAちゃんと一緒でした。

今日は、3人とも絶好調で素晴らしいライヴでした。
中々こだわりのあるAちゃんも満足してくれて、嬉しかったです(^^)

今回は、9月に発売された5枚目のアルバム「far on the water」からの楽曲が中心でした。
全部良かったのですが、中でも「灯影」(ほかげ)が印象に残りました。
ピアノとヴァイオリンだけの伴奏で哀愁を帯びた綺麗なバラードです。
あと、ラストの表題曲「far on the water」では涙が出そうになりました。
他にも何度か涙ぐんでしまったのですが、こんなことは初めてです。
メンバー3人とも安定していたおかげで集中して聴けたので、そのせいかな?と思います。
凄く盛り上がって熱いライヴでしたが、あっという間に終わってしまったように感じました。
それだけ入り込んで聴いて、観ていたのでしょう。

演出や照明も美しくて、幻想的だったり激しかったりポップだったりして見応えがありました。
振り付けが以前よりちょっと多くて、私は振り付けによる演出は余り好きではないので、アンケートに少なくして欲しいと書いておきました。
女性3人組なので、アイドルのPafumeと間違えられることが多いんです。
そういうのは彼女たちにも不本意だと思うし、年齢も重ねてきているので、今更踊りを入れるよりはもっと歌を聞き込みたいのです。
せっかく素晴らしいハーモニーを持っているのですから。

ツアーはこのあと名古屋、大阪、福岡、富山と続きます。
富山はアーティストのツアーでは珍しいと思いますが、Hikaruの故郷なのです。
あと、海外(香港、台湾)にも行きます。
喜ばしいことにアジアやヨーロッパでもKalafinaファンは多いのです。
そして、年明けに大阪で追加公演、ツアーファイナルは来年1月末に東京です。
ファイナル行く予定です。
どんどん成長して飛び出していく彼女たちをこれからも応援し続けていきたいと思います。
久しぶりにオーケストラを聴きに行きました。
横浜みなとみらいホール。
日本フィルで指揮はピエタリ・インキネン。
演目は、カレリア組曲、ヴァイオリン協奏曲、レミンカイネン組曲です。
全部シベリウスの作品です。
今年はシベリウス生誕150周年にあたるのです。

ヴァイオリン協奏曲のソロは三浦文彰くんでした。
三浦くんはまたまた成長していました。
この曲は超絶技巧が要求されるのですが、臆することなく堂々と演奏していました。
シベリウス独特の悲しいような懐かしいような響きを大切にしていて、欲を言えばもう少し情緒が欲しいところですが、まだ若いので、これからですかね。

指揮のインキネンさんは、フィンランドの方です。
初めて観たのですが、とても良い感じの指揮でした。
音が丁寧で上品で、しかし、情熱を失わず。
私の大好きな故渡邉暁雄先生をどこか思い出させました。
これは、渡邉先生がフィンランドの血をひいているからかも知れません。

今日は特に予習せずに行ってしましました。
カレリア組曲とヴァイオリン協奏曲はよく聴いているので、不安がなかったのです。
でも、レミンカイネン組曲は全曲通して聴くことがほとんどなかったので、行きの電車の中で「あれ~どうしよう!途中で寝ちゃったら…」などど考えていましたが、いざ本番となると聴き入っていました。
私にとってやはりシベリウスは特別な作曲家なのでしょう。
うねうねとした曲想と美しい響き。
どこを切り取っても大好きな世界です。

ちょっと驚いたのは、組曲、協奏曲ときたら最後は交響曲なのでしょうが、今日はレミンカイネン組曲でした。
でも、このレミンカイネン組曲は4曲から成り立つ、大きな組曲です。
交響曲を持ってくるより今日のプログラムにふさわしいでしょう。
残念ながらアンコールはありませんでしたが、あの大曲を聴いたあとではいらないかな。
シベリウス以外の曲でアンコールは興ざめだし。

あ、三浦くんはアンコールありました。
バッハの無伴奏?でした。

終演後にインキネンさんのCDを買った人を対象にサイン会がありました。
私はどっちにしても会場先行販売のインキネン&日フィルのシベリウス交響曲全集を買うつもりでしたので、お買い上げしてしっかりサインも貰ってきました。
インキネンさんはステージだとすらっとして大きく見えたのですが、意外と普通の背丈でした。
思ったよりずっと若くてびっくりしました。まだ30代なのですって。
日フィルのチラシでよく見かけるので、もっと年のいった方と思っていました。
これから期待できる素晴らしい指揮者だと思います。
またこの方の指揮でシベリウスを聴きたいですね。




Kalafinaのライブに行ってきました。
初めての武道館ワンマンライブです。
去年の6月に発表されて、ずっとずっと待っていたライブです。

でも、先々週腰を痛めてしまい、中々治らないので、どうなるかなあ、と思っていたのですが、まあまあ良くなったので、コルセット巻いて行って参りました。
ホントは2daysで明日もあるんですが、さすがに無理なので、止めました。
冷たい雨らしいですし。

今日はベストアルバムRed、Blueの内のReddayです。
出だしから絶好調で、トークはほとんどなくて、ラストまで駆け抜けた、という感じでした。
Hikaruがちょっと声が硬い気がしましたが、コーラスはさすがで、3声揃うと圧倒されます。
Wakanaはすごく伸びが良くて綺麗でした。
Keikoは抜群の安定感。
3人とも円熟してきたというか、安心
して見ていられるように成長してきたなあと思います。
後半の盛り上がりもすごくて、ラストの「夢の大地」では、赤木さんのフルートの響きも美しく、泣きそうになりました。
ステージと観客の一体感が素晴らしかったです。

いつもはグッズは買わないんですけど、今回はトートバッグを買いました。
パンフレットは高いし、Wakanaプロデュースの鮫柄ソックスも良かったんですが、足首がちょっと短かったのでパス。
トートバッグは、いつも縦長過ぎて使いづらい感じだったので、アンケートに舟形で肩にかけられて、ファスナーが付いてるのが良いです、と、書いたら、今回それがきました!
アンケート書いてみるものですね~。

もう、次回もライブが待ち遠しいです(^_^;)
新曲のお披露目もあったし、秋くらいにあると良いなあ。
今回のステージは、映像化されるみたいなので、まず、それを楽しみにしましょうか。


Kalafinaのシングル「ひかりふる」。
泣いちゃいます。
じんわり来ます。

私がどこにもいなくなっても
全てを照らす光の中
いつも君の傍にいるから…

3人のコーラスが素晴らしく、この曲はまさにKalafinaのために、またKalafinaはこの曲のためにあるのかと思うくらいです。

PVがまた良くて…。
何回も見てしまいます。
今回は、曲をメインにするため、ワンテイクで全て撮ったそうです。
確かに3人が立って歌っていて、背景の扉が開くだけという、シンプルな作りなのですが、それだけに歌に対する真摯な姿勢が伝わってきて、ライヴのような臨場感もあり、格別の出来となっているような気がします。

このところ、毎日聴いています。
リピートしまくりで辛いくらいです(笑)
機会があったら、ぜひ視聴してみてください。Youtubeに出ています。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[01/29 モジ]
[01/28 モジ]
[10/03 モジ]
[05/11 モジ]
[10/16 モジ]
最新記事
(07/12)
(06/16)
(06/03)
(04/25)
(04/17)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
藤世
性別:
女性
職業:
失格主婦
趣味:
音楽、読書、バレエ
自己紹介:
連れ合いと男の子2人と猫娘の5人?家族です。
クラシックとロックが好き。
ファンタジーとホラーが好き。
あと、節操無しにいろいろ興味有りです。
乙女座 AB型
神奈川県在住
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

material by: