忍者ブログ
猫と音楽を愛するおばさんの徒然日記です。 2010年1月16日設置
[10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1
s-201020.jpg買ってしまいました!
『渡邉暁雄と日本フィル全集』!
¥25,000也~~(爆)
25枚入りのCDボックスです。
日本フィル創立50周年の2007年に発売されました。
渡邉暁雄氏は、創立指揮者です。
でも、私はこのボックスの存在を最近まで知りませんでした…。
不覚…。
その頃は、音楽からちょっと遠ざかっていたような気がします。音楽が大好きなのに。鬱が酷くて、CDを引っ張り出すのも億劫だったのかなあ。解りません…。

さてさて、なぜこのCD-BOXを大枚はたいて買ったかというと、指揮者の渡邉暁雄先生が大好きだからです。
残念ながら、もう、故人ですが…。
とても穏やかな指揮をなさるので、熱情や情感の溢れる指揮を好む方には向きませんが、シベリウスの解釈や指揮では世界的に有名な方だったのです。
シベリウスはフィンランドの作曲家です。そして、私は北欧スキー。
ムーミンの原作やリンドグレーンの童話を好んで読んだ少女でした。
そして、北欧の中でもちょっと異色なフィンランドにとても惹かれています。
フィンランドは、ハンガリーもそうですが、ヨーロッパの人種の孤島と言われていて、アジア系の民族なのです。
そこに、感ずるものがあるのです。
そして、渡邉先生は、お母様がフィンランド人の声楽家です。
だから、シベリウスを始め、沢山の北欧の作曲家の音楽を日本に紹介なさっていました。
もっと詳しいことはWikiとかで調べて下さいね。

さて、なぜ渡邉先生が好きか。
まず第1に、私はもちろんシベリウス大好きなんですが、そのシベリウスの曲の素晴らしい演奏を聴かせて下さったからです。これには思い出がいくつかあるのですが、長くなるので、またの機会にしたいと思います。

第2に、日本フィルは、いわゆる「日フィル争議」と言われる労働運動で長く戦ってきたのですが、そこに、一時移り住んでいたスイスから、先生は帰ってきて、日フィルを支え、一緒に戦い、「日フィルの精神の柱」とまで言われるようになったのです。
私は、その崇高さと、絆の強さに胸を打たれました。
※日フィル争議については、岩波ブックレットの「オーケストラは市民と共に」に良く書いてあります。興味のある方は、ぜひ、どうぞ、読んでみて下さい。

フィンランドは、長く帝政ロシアの属国として扱われていました。また、ナチスドイツの侵攻も受けました。
シベリウスの代表曲「フィンランディア」は、帝政ロシアからの独立を願う民衆に大変に歓迎され、今では第2の国歌とも言われています。ロシア時代には演奏を止められたほどです。
渡邉先生は、その、反骨精神を持つフィンランドの血を濃く受け継がれたのでしょう。
でも、大変優しい性格で素敵な方だったと聞いています。
事務局で働いていた知人に聞いた話しでは、「みなさん、こんにちは」と言って、事務室に入っていらっしゃったそうです。アルバイトさんにもとても丁寧に接して、皆に慕われていたそうです。

そんな素敵な先生のCD集。勿体なくて、パッケージを開けられません(苦笑)。
でも、開けなければ聴けないし…。しばらく飾って楽しんでから、ゆっくり聴くことにしましょう。

わあ!凄く長くなってしまいました。読んで下さった方、ありがとうございました♪
ちなみにお金の出所は、ヤフオクなどで不要品をちまちま売って貯めたお金でございます~~。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[01/29 モジ]
[01/28 モジ]
[10/03 モジ]
[05/11 モジ]
[10/16 モジ]
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
藤世
性別:
女性
職業:
失格主婦
趣味:
音楽、読書、バレエ
自己紹介:
連れ合いと男の子2人と猫娘の5人?家族です。
クラシックとロックが好き。
ファンタジーとホラーが好き。
あと、節操無しにいろいろ興味有りです。
乙女座 AB型
神奈川県在住
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

material by: