忍者ブログ
猫と音楽を愛するおばさんの徒然日記です。 2010年1月16日設置
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10


東宝ミュージカル「エリザベート」を14日に観てきました。
13日からの上演ですが、my初日は14日。
だって、死に神トート役の城田優くんの初日だからです(^^;)
相変わらず城田くん大好きです。
エリザベートは2010年に1度観ていますが、その時は城田くん続投なし、ということで、もう観る機会はないだろうな、と思っていました。
ところが、今年再挑戦とのこと、とても楽しみにしていました。
城田くんが気になるきっかけはTVドラマ「ルーキーズ」の最終回をちらっと観たときでしたが、本格的にファンになったのは「エリザベート」のトートと言っても過言はありません。
そのトート、飛躍的に成長して戻ってきました!!
前から歌は上手かったのですが、低音がしっかり出るようになり、演技も動きが出て、妖しげで美しく、素晴らしいトートでした。
ロック歌手のようなシャウトがまた良かったです。
城田くん曰く「ドライアイスの様に冷たくて熱い」トート。
まさにその通りでした。
少年時代のルドルフに絡むシーンなど、友達のふりをして実は…という悪の顔がぴったり。
背が高いので、上から流し目でエリザベートを見るシーンなど、鳥肌ものでした。

他のキャストは、エリザベート:花總(はなふさ)まりさん(宝塚娘役OG)、フランツ・ヨーゼフ皇帝:佐藤隆紀さん(ル・ベルベッツ)、ルドルフ皇太子:京本大我くん(京本政樹の息子、ジャニーズJr.)、皇太后ゾフィー:剣幸さん(宝塚男役OG)、ルキーニ:尾上松也くん(歌舞伎)、少年ルドルフ:松井月杜くんでした。

花總さんのエリザベートは美しかったです。
今までのエリザベートは宝塚の男役OGばかりでしたが、今回は娘役トップで日本初演で演じたという方で、少女時代の可憐さ、皇后になってからの力強さなど、よく演じていたと思います。
歌は前半少々不安でしたが、後半になるにつれて良くなっていきました。
佐藤さんは、同じル・ベルベッツの日野さんが「ファントム」で酷かったので、同じレベルかとすごく不安でしたが、さすがオペラ出身で朗々と響く声が良かったです。
お芝居はまあ普通なんでしょうが、私はお芝居より歌の方がまだわかるので、歌で評価してしまいます。
年取ってからのフランツの寂しげな様子も伝わってきて、エリザベートとフランツの晩年のシーン「夜のボート」は歌詞のせいもあり、涙が滲みました。

皇太子ルドルフの京本くんは、ジャニーズなので、全然(強調)期待してなかったのですが、歌も踊りも良かったです!
線の細さはありますが、心弱き皇太子なので、良いと思います。

少年ルドルフの月杜くんは、もうとっても歌が上手くて、大人と混じったアンサンブルにも負けないで、劇場の奥の方にも声が届きました。

ゾフィーの剣さんは威厳があって格好良かったです。
5年前に観たときは、別のOGの方でしたが、エリザベート共々ヅカっぽいのでしょうか、津からの入った歌い方だったので、イヤだったのですが、剣さんは年取ってからの演技も良くて、皇太后らしい方でした。

ルキーニの尾上松也くんは、歌舞伎出身ですが、いろいろミュージカルに出ています。
前にロミオ&ジュリエットでベンヴォーリオ役で観たことがあります。
今回は、狂言回しの役が中々ハマっているのではと思います。
「キッチュ」の下品な感じとかも良いですが…、歌をもうちょっと頑張って欲しいです。
上の方が掠れていましたから。

でも、今回はとても満足して帰途につけました。
まだまだ余韻が残っていて、ウィーン版のCDを聴きまくっています。
耳は城田くん仕様になっているので、変換して聞こえます(^^;)

城田くんは本当に素晴らしかったので(ヴィジュアルもぴったりだし)、当たり役として、トートを長く続けていって欲しいと思います。





PR


私が最近ハマっているもの。
それは、コーンブレッドです。
でも、ホームベーカリーで焼くものではなくて、パウンド型を使ってオーブンで焼く方です。
アメリカ穀物協会のHPで見つけたレシピで、伝統的なものだそうです。
なかしましほさんのレシピよりも砂糖が多いし、バターを使うので、食べ過ぎないように気をつけなければなりません。
バターは40gも使うので、さすがに菜種油に変えてみました。
お砂糖も減らしてみたのですが、半分は減らしすぎだったみたいで、あんまり美味しくなかったです。
70%くらいで再挑戦しようかな、と、思います。
焼きたてはほっくりしてて、とっても美味しいです。
冷めてからも割としっとりしていますが、オーブントースターで温めると、より美味しく食べられます。
素朴な味のブレッドです。


庭のサンショウバラが満開です。
この木は、18年くらい前に実生で育てた小さな苗をいただいたものです。
その時に「バカっ木だから、すぐ大きくなるよ」と言われたのですが、植木鉢では全然大きくなりませんでした。
その後、家を建て直したときに庭に植えたら、どんどん大きくなって、花もたくさん咲かせてくれるようになりました。
手のひら大の大きな花ですが、ほわほわとした柔らかい花びらと優しいピンク色が愛らしくて、大好きな花です。



また来年も咲かせてくれますように!



お人形のショーツを作りました。
デフォルトでスカートを履いていればついてるんですけど、パンツスタイルやタイツだとないんです。
そうすると、スカートに着替えさせた時にノーパンになってしまうので、気になってしまいます。
今までは既製品を買っていましたが、先日買ったお人形系雑誌に作り方と型紙が載っていたので作ってみました。
とても小さいのでミシンではなく手縫いです。
ブロードとローンで作りましたが、ローンは薄くて、ちよっと縫いにくかったです。



バックスタイルはレースです。
以前買った幅が広めのリバーレースを使いました。
薔薇の柄で可愛いのです。
久しぶりに針を持ったので、背中がバリバリです。
でも、可愛いのが出来て嬉しいです(^^)
久しぶりにオーケストラを聴きに行きました。
横浜みなとみらいホール。
日本フィルで指揮はピエタリ・インキネン。
演目は、カレリア組曲、ヴァイオリン協奏曲、レミンカイネン組曲です。
全部シベリウスの作品です。
今年はシベリウス生誕150周年にあたるのです。

ヴァイオリン協奏曲のソロは三浦文彰くんでした。
三浦くんはまたまた成長していました。
この曲は超絶技巧が要求されるのですが、臆することなく堂々と演奏していました。
シベリウス独特の悲しいような懐かしいような響きを大切にしていて、欲を言えばもう少し情緒が欲しいところですが、まだ若いので、これからですかね。

指揮のインキネンさんは、フィンランドの方です。
初めて観たのですが、とても良い感じの指揮でした。
音が丁寧で上品で、しかし、情熱を失わず。
私の大好きな故渡邉暁雄先生をどこか思い出させました。
これは、渡邉先生がフィンランドの血をひいているからかも知れません。

今日は特に予習せずに行ってしましました。
カレリア組曲とヴァイオリン協奏曲はよく聴いているので、不安がなかったのです。
でも、レミンカイネン組曲は全曲通して聴くことがほとんどなかったので、行きの電車の中で「あれ~どうしよう!途中で寝ちゃったら…」などど考えていましたが、いざ本番となると聴き入っていました。
私にとってやはりシベリウスは特別な作曲家なのでしょう。
うねうねとした曲想と美しい響き。
どこを切り取っても大好きな世界です。

ちょっと驚いたのは、組曲、協奏曲ときたら最後は交響曲なのでしょうが、今日はレミンカイネン組曲でした。
でも、このレミンカイネン組曲は4曲から成り立つ、大きな組曲です。
交響曲を持ってくるより今日のプログラムにふさわしいでしょう。
残念ながらアンコールはありませんでしたが、あの大曲を聴いたあとではいらないかな。
シベリウス以外の曲でアンコールは興ざめだし。

あ、三浦くんはアンコールありました。
バッハの無伴奏?でした。

終演後にインキネンさんのCDを買った人を対象にサイン会がありました。
私はどっちにしても会場先行販売のインキネン&日フィルのシベリウス交響曲全集を買うつもりでしたので、お買い上げしてしっかりサインも貰ってきました。
インキネンさんはステージだとすらっとして大きく見えたのですが、意外と普通の背丈でした。
思ったよりずっと若くてびっくりしました。まだ30代なのですって。
日フィルのチラシでよく見かけるので、もっと年のいった方と思っていました。
これから期待できる素晴らしい指揮者だと思います。
またこの方の指揮でシベリウスを聴きたいですね。




草餅を作りました。
大成功です~!
実は、先日の草団子に続いてみたらしも作ってみたのですが、やっぱり硬くなってしまって…。
そこでネットでいろいろなレシピを調べてみて、結局落ち着いたのは、上新粉:白玉粉が1:1。
そして、そこにお砂糖を大さじ1杯いれることでした。
また、蒸すときは小さめに分けてしっかり蒸すことと、最初と蒸し上がってからはよくこねる。
これで柔らかくもちもちした草餅が美味しくできました(^^)

でも、ちょっと柔らか過ぎるような気もするので、上新粉の割合を増やしてもいいのかも知れません。
また、あんこは欲張らないで少なめに包むのがポイントでしょうか。
この辺は餃子と同じですね(^^;)

今回は、あんこも自作です。
小豆をにて作りました。
粒あんを目指したのですが、うっかり煮すぎてしまって、つぶしあんになってしまいました(^^;)
でも、甘さはちょうどよくて、あんこ好きの長男に大好評でした(^^)

草餅も草団子も私の大好物なのです。
大福も草が好きですね。豆も良いですが。

このレシピをクックパッドに投稿してみました。
誰か作ってくれると良いな。




草団子を作りました。
美味しかったけど、ちょっと固くなってしまったので、再挑戦を計画しています(^^)
よもぎは邪道な粉末よもぎです。
近所の草っぱらは狭くなってしまったし、わんこの集会場なのです(ToT)
子供達が小さかった頃は草っぱらによもぎを摘みに行ったのですが。

長男が2歳の時に、近所の女の子を半日預かったことがあるのですが、ちょうど季節でしたので、3人でよもぎを摘んで、草団子を作りました。
女の子は喜んで食べていました。
もちろん長男もですが。
ところが、女の子の両親が迎えに来た時、そう話たら、彼女は和菓子やあんこが嫌いなそうなんです!
きっと、自分で作ったものなので、嬉しかったのかなあ、と思います。
良い思い出になっていたら良いなあ、と、思っています。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[01/29 モジ]
[01/28 モジ]
[10/03 モジ]
[05/11 モジ]
[10/16 モジ]
最新記事
(07/12)
(06/16)
(06/03)
(04/25)
(04/17)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
藤世
性別:
女性
職業:
失格主婦
趣味:
音楽、読書、バレエ
自己紹介:
連れ合いと男の子2人と猫娘の5人?家族です。
クラシックとロックが好き。
ファンタジーとホラーが好き。
あと、節操無しにいろいろ興味有りです。
乙女座 AB型
神奈川県在住
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

material by: